認定薬剤師になるには

各種申請等に必要な用紙は、下記の「申請書用紙等の入手」からダウンロードして入手できます。

 「申請書用紙等の入手」のページへ


薬剤師研修手帳を入手する
薬剤師研修手帳は、石川県薬剤師研修センターで販売しています。(価格 500 円)
すでに他機関の研修手帳をお持ちの方は、継続して使用できます。
研修会に参加し、研修シールを入手する
石川県薬剤師会等が行なう認定対象の研修会を受講すると、本会の「研修シール」(単位)が交付されます。グループ研修や自己研修を行なう場合も、申請すれば研修シールが付与されます。
また、(財)日本薬剤師研修センターをはじめ、他の認定プロバイダーの研修シールも有効です。
(詳しくは、4.をご覧ください)

薬剤師研修手帳と研修シール
研修手帳に研修シールを貼り、記録する
研修会等で研修シールを受領したら、すぐに研修手帳の所定欄に貼り、研修内容を記録してください。研修シールの中央の数字が単位数です。手帳や研修シールは自己管理です。紛失しないようにしましょう。
「認定薬剤師」の申請をする
認定申請に必要な単位数を獲得したら、石川県薬剤師研修センターへ申請手続きを行ないます。
また、認定申請料(10,000円)を納入します。7.をご覧ください。
新規認定申請に必要な単位数は、4年以内で40単位以上です。他の認証プロバイダーの研修シール(単位)が含まれていても大丈夫です。
下記の【認定に必要な単位数】及び【研修形態と単位数】をご覧ください。

【認定に必要な単位数】

新規認定に必要な単位数 更新認定に必要な単位数 単位数の制限 他機関の研修シール

4年以内に40単位以上

(最終年を除き
年間5単位以上
を維持する)
3年間で30単位以上

(年間5単位以上
を維持する)
集合研修 制限なし すべて有効
実習研修 合計で15単位以内
グループ研修
自己研修

入院・育児・留学などで研修ができなかった場合、最大1年間の休止期間を認めます。
  詳細は、当センターまでお問い合わせください。


【研修形態と単位数】

1.集合研修 講師による研修会やシンポジウム、学会での研修をいいます。また、生涯学習用の「通信教育」や「e-ラーニング」も集合研修に入ります。
1.5時間で1単位です。1日に取得できる単位数は、4単位までです。
2.実習研修 実技実習をともなう研修をいいます。実習できる施設で行います。
2.0時間で1単位です。
3.グループ研修 認定薬剤師1名(指導者)を含む少人数の研修会です。
教材による学習と討論(スモール・グループ・ディスカッション)などを行います。
2.0時間で1単位です。
4.自己研修 個人が自宅等で行う研修で、本委員会が指定した研修プログラムやテキストによって学習します。4.0時間で1単位です。
研修時間の積算を認めます。(詳細は、センターまでお問い合わせください)
「認定薬剤師証」を受ける
石川県薬剤師研修センターは、提出された申請書等によって審査し、要件が整っていれば認定し、「研修認定薬剤師証」を交付します。また、希望者には、本人顔写真入りのIDカード(有料 1,000円)を作成します。
認定証の記載内容の変更で再交付を希望する場合は「登録内容変更届」を、破損や紛失した場合の再交付は「再交付申請書」を提出してください。(変更による再交付は無料、紛失等の場合は有料です)
次回更新にむけ、研修を継続する
次回更新日は3年後です。認定薬剤師証に更新日を記載しています。
更新申請に必要な単位数は、3年間で30単位以上です。
4.【認定に必要な単位数】をご覧ください。
次回必ず更新できるよう研修を継続しましょう。
申請手続きは、本会研修センターで
研修薬剤師の認定等の業務は、すべて石川県薬剤師研修センターで行なっています。
申請書の提出先、納付先などは以下の通りです。

提出先

〒920-0032
金沢市広岡町イ25-10
石川県薬剤師会 石川県薬剤師研修センター

連絡先

Tel : 076-231-6634(代表)/FAX : 076-223-1520
e-mail :  center-g08@ishikawakenyaku.com

納入先

センター窓口で受け付けています。また振り込みも可能です。
振 込 先  : ゆうちょ銀行(郵便局)
口 座 名  : 石川県薬剤師研修センター
口座番号 : 00750-4-57816